【BTS妄想】誰が運命の人? 最終回♠ #55

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】誰が運命の人? 最終回♠ #55

 

 

ヒナに韓国に行く約束をしてから、
仕事等の調整をし、
いよいよ旅行の前日になった。
 
 
 
(韓国に久しぶりに行って、
ヒナと色々と流行りのカフェ等に行くのが
楽しみだな。)
 
 
そんな事を考えながら、
あかりさん夫婦が明日開店する、
カフェ兼雑貨店に遊びに行く道を歩いた。
 
 
 
お洒落な並木通りを一本入った場所に
そのお店はあった。
 
 
 
鮮やかなブルーの外観のカフェは、
その場所を益々素敵にしていた。
 
 
 
お店に近づき、ディスプレイの窓があり、
中を覗く。
 
かわいい雑貨達が、お洒落なvlogのお家みたいに
並べられていた。
 
 
それに心をときめかせ、
出入口の扉に向かいながら歩いた。
 
 

すると、お店の中からディスプレイを
見ている人影が視界に入り、
視線をその人に移した。
 
 
黒いスキニーに黒いブーツの
男性のような格好だったので、
旦那さんかな?と思い、
外から挨拶しながら、
入口に向かおうとした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
え?
 
 
 
 
 
?????
 
 
 

 
 
 
あー、パネルか。
良く出来てるなぁ〜。
 
 
 
 
しかし、何故この表情にしたのかな?
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 

旦那さんだと思ったソレは、
視線を顔に移すと、グクだった。
 
 
 
目をまん丸にして、
口をポカーンと開けている
表情だった。
 
 
 
 
しかも、どうしてこんな所に置いてるのかな?
 
 
 
ん〜、不思議だな〜って思っていると、
パネルの目が瞬きし、一歩一歩、
入口の扉に向かっている。
 
 
 
 
 
!?!?!?
 
 
 
 
動く!?
 
 
 
 
いや、ちょっと待って…。
 
 

 
え!?嘘でしょ!?
 
 
 
 
 
私は一歩一歩、入口から遠ざかるように
後ずさりをした。
 
 
 
 
そして後ろを向き、一目散に
さっき来た道を走った。
 
 
 
 
チリリィィイイイン!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
カフェの扉が一気に開いたようで、
鈴が乱暴に鳴っていた。
 
 

グク:待って!!!
 
 
 
 
やっぱり、本物だ!
 
 
 
訳も分からず、とりあえず逃げる。
 
 
だが、すぐに追いつかれてしまう。
 
 
 
 
グク:なんで、逃げるの?嫌?
 
 
グクは私の手首を掴みながら、
前と変らない態度で聞いてきた。
 
 
 
〇〇:ううん。ビックリしただけ…。
 
 
息を切らせながら答えた。
 
 
 

しばらく無言が続き、
呼吸が整った頃に話し始めた。
 
 
 
 
〇〇:ごめんね。逃げて。

グク:うん…。ねぇ、あかりさんの店に戻って話さない?

〇〇:うん。そうだね。
 
 
 
私達はあかりさんのお店に戻りながら
話をした。
 
 
〇〇:どうしてここにいるの?

グク:あかりさん夫妻がお店出すって聞いて
今日しかスケジュール開かなかったから、
サプライズでお祝いしに来たんだ。

〇〇:そうなんだ。私も明日から用事があるから、今日お祝いに来たんだ。

グク:そうなんだ。今日はこれから何もないの?

〇〇:うん。

グク:じゃあ、帰るまで一緒にいよう?

〇〇:うん。

グク:?なんか、前より素直になった?

〇〇:え?そうかな?

グク:うん(笑)
 
 
 
 
 
(素直になったかな?)
そんな事を考えながら、お店の扉を開けた。
 
 
 
 
あかり:〇〇ちゃん!ごめん!
グク来てることラインしたんだけど、
電話したほうが良かったよね😭
本当にごめん!

〇〇:いえいえ。逆にキッカケが出来て
良かったです。
これ、お祝いです。
開店おめでとうございます🌼

あかり:ありがとう〜!!!

グク:…ねぇ、キッカケ?そんなの必要ないのに。
戻ってきたいなら、戻ってくればいいじゃん。

〇〇:うん…。でも、連絡先とか全部消しちゃったから。

グク:え!?何それ!?本当に酷いなぁ〜

〇〇:ごめんね。

あかり:まぁまぁ、あっちの席で話してきなよ。
私達は向こうにいるからさ。
お祝い2人ともありがとう(^^)

 
 
グク:あかりさん、ありがとう。
じゃあ、場所借りるね。
 
 
 
そうして私達は2年ぶりに
向き合って話した。
 
 
変らないその視線に時々、
涙をグッと堪えなければならなかった。
 
 
グク:元気にしてたの?

〇〇:うん。元気だよ。グクは?

グク:身体は元気だけど、心は寂しいよ?
誰かさんのせいで。

〇〇:ごめんなさい。。。

グク:もう謝らないで。今は何してるの?

〇〇:実はこっちで、ナムさんから仕事頂いて働いてるの。

グク:……やっぱり。ナムさんは〇〇と連絡とっていたんだぁ〜。ヒナちゃんも、あかりさんも、ゆうこさんも、みんな上手く〇〇の話題流されて、
悲しかった。

〇〇:ごめんね。みんな私の気持ちを尊重してくれたの。

グク:〇〇の気持ちって?

〇〇:…これ以上、グク達に迷惑かけたくなくて。。。

グク:それで?離れたの?

〇〇:うん。

グク:………今の気持ちは?僕のこと、忘れられた?

〇〇:ううん。忘れようとはしなかったよ。

グク:……そうなんだ。。。
それで?戻ってくるの?

〇〇:………仕事とかが落ち着いたら、
そうしていいかな?
 
 
 
少し、震えながら、グクに問いかけた。
 
 
 
グク:そうしなよ。
〇〇がそうしたかったら、僕は駄目とは言わないよ。

〇〇:ありがとう。
 
 
 
少しホッとした。
もし、拒絶されたら、
きっと遠くから見守っていることも
出来なくなりそうだったから…。

 
 
グク:あのさ、〇〇に会ったら伝えようと
ずっと思ってたんだけど、、、

〇〇:うん。

グク:やっぱり、〇〇の事好きなんだよね。
ムカついたりしたり、忘れようとしたけど、
〇〇がいなくなってからも、ずっと考えちゃってた。

〇〇:うん。ありがとう。
何となく、snsのやつとかは気付いたよ。

グク:ほんと?見ててくれたんだ(^^)

〇〇:うん。

グク:だからさ、もうヒョン達にフラフラするんじゃなくて、僕の所に来てよ?
好きだよ?
〇〇を誰にもとられたくないよ。。。
僕だけを見てほしい。

〇〇:うん。ありがとう。

グク:!?

〇〇:私も好きだよ。グクのこと。
遅くなって、ごめんね。

グク:!? 
え!?ほんとに!?

〇〇:宜しくお願いします。

グク:うん!大切にするよ。
 
 

そう言い、私の手をとり、
手の甲にキスをした。
 
 
そして、私を見つめた。
 
 
その視線は、私をドキッとさせる。
 
 
 
そして、今までに見せたことのない、
クシャッとした笑顔で言ってきた。
 
  
 

グク:もう離れないよ(^^)大好きです。
 
  
〇〇:うん、私も。
 
 
 
それから、
あかりさんに事情を説明すると、
いつかこんな日が来ると思っていたと言われ、
祝福された。
 
 
 
そして、次の日私がヒナに会いに
韓国旅行に行く予定だと知ると、
そんな話一言もヒナから聞いてないと
愚痴愚痴言いながら、
その日のうちにグクと韓国へ
向かうことになった。
 
 
 
 
 
 
〜夜〜
 
 
 
韓国に着き、グクの家に行った。
 
 
変らない部屋の雰囲気に安心した。
 
 
そして、2年間もの空白があったとは
思えないほど、私達はいつも通りに過ごした。
 
 
ソファーに座り、ワインを開け、ドラマを観る。
 
 
グクは私に寄りかかりながら、
時々、キスをする。
 
 
グク:これからは、ずっとこれが続くんだね。
はぁ〜、最高。

〇〇:うん。好き。

グク:僕も。
 

 
 
そう言い、ゆっくりと、
深いところへ一緒に入っていった。

 
♥・:.。 。.:・゚♡・:.。 。.:・゚♥

♡⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚♡

♥・:.。 。.:・゚♡・:.。 。.:・゚♥

♡⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚♡

♥・:.。 。.:・゚♡・:.。 。.:・゚♥

♡⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚⌒:゚♡
 
 
グクはウトウトとしている
私の頬を、
ツンツンやムニムニしながら
優しく語りだした。
 
 
グク:実は初めてクラブで声かけた日、
凄く緊張したんだ。
とても、かわいい子がいたから、
一目惚れしていた。
だけど、ヒョン達のところに連れて行ったのが、
間違いだったな〜。
まさか、〇〇の事気に入るなんて…。
だけど、こうして付き合う事になったから、
凄く幸せで、大切にするからね。
あぁ〜、もう、どうしてこんなに嬉しいんだろ?
大好きだぁ〜〜〜
 
 
〇〇:ありがとう。私も幸せ。
傷つけた分、ちゃんと幸せにするからね。
 
 
グク:じゃあ、これ付けて?
 
 
ベットサイドテーブルの引き出しから、
小さな小包を出してきた。
 
 
開けると、綺麗な指輪が入っていた。
 
 
〇〇:え!?いつの間に!?
 
 
グク:会えなかった期間に、精神がおかしくなりそうで、いつか会うのを目標にする為に買っておいた。こうやって渡せて、嬉しい。

〇〇:ありがとう。大切にするね。
グクのことも。

グク:………ヒョン達とは違う好きだよね?

〇〇:うん。そうだよ?(笑)

グク:じゃあ、ヒョン達とは会わないの?

〇〇:グクが嫌なら会わないよ?

グク:ん〜…いや、みんなに2人でこのこと、
伝えよう?

〇〇:分かった。

グク:あ、ヒョン達に会って、
心変わりとかナシだからね!

〇〇:大丈夫だよ(笑)

グク:あぁ〜、やっと〇〇が
僕のところに来てくれたぁ〜!
 
 
グクはそう言いながら、
私を強く抱き寄せる。
 
 
そして、指輪を私にはめて、
満足そうに微笑んだ。
 
 
 
この笑顔を守っていこう。
 
 
もう、傷つけることがないように。
 
 
ありがとう。
 
あの日、私を見つけてくれて。
 
 
そして、ずっと変わらず向き合って、
好きでいてくれて、嬉しかった。
 
 
これからは、私が幸せにするからね。

おわり
¨Thank you•.¸¸☆*・゚

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!