【BTS妄想】続・誰が運命の人? 空白の感情 #3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? 空白の感情 #3

 

グク:はぁ〜、不思議(笑)

〇〇:うん。

グク:色々探したんだよ?
だけど、駄目だった。

〇〇:うん。

グク:ヒナちゃんも全然教えてくれないんだもん。。。

〇〇:うん。

グク:…ねぇ?

〇〇:なに?
 
 

グクは前のように私と目を合わせる。
けれど、その視線は2年間で
何かが変わった気がした。
 
 
グク:どうして、戻ろうと思ったの?

〇〇:…なんて言ったらいいのかな。。。
なんかね、ずっと忘れられなかったんだよね。
今の生活も、もちろん充実してるし、
影でみんなと関わりが持てて
それだけで、良かったんだけど。。。
頭ではそう思ってたのに、
足りなかったみたい。心は。
欲深いね(失笑)

グク:そうなんだね。
さっきみんなと飲みながら聞いて、
〇〇がちゃんと僕を見てくれてたこと
嬉しかった。
もしかしたら、
見てくれてるかもしれないって、
ずっと思ってたから。

〇〇:見てたよ。

グク:じゃあ、いなくならなければよかったのに。。。
 
 
 
そう言い、グクは私の肩に額をのせた。
 
 
何処か懐かしい香りと、少し男っ気のある
香りがした。
 
 
 
〇〇:あの時はあれが良かったんだよ。
今でも思う。

グク:………そっか。
 
 
 
 
額をのせたまま、何かを考えるように
グクは暫く沈黙した。
 
 
そして、私の腰に腕を回して抱き寄せた。
 
 
その瞬間
 
 
 
 
ヴーヴーとスマホの
バイブの振動が伝わってきた。
 
 
 

〇〇:…電話じゃない?
 
 
グクはスマホをポケットから取り出し、
画面を見てそのまま切った。
 
 
〇〇:出ていいんだよ?私中に戻るね。
 
 
みんなの方へ戻ろうとすると、
抱き寄せていた腕の力が強くなった。
 
 
グク:行かせるわけないでしょ。

〇〇:え?でも、電話大丈夫なの?

グク:気にしないで。
 
 
そうすると、またバイブが鳴った。
 
 
グクは素早く切る。
 

グク:本当に、気にしないで。
 
〇〇:……わかった。。。
 
 
何となく、察した。
 
 
女性からの電話だということを。
 
 
私から手放したんだから、
責める気もないし、遠慮なんてしなくて
いいと思った。
 
 

けれど、何故か
凄くズキンと痛かった。
 
 
私は何を期待していたのだろう?
そんな自分がとても気持ち悪く感じた。
 
 

グク:〇〇?どうしたの?

〇〇:え?なにが?

グク:何か凄い顔してたから。大丈夫?

〇〇:そうだった?うん、大丈夫。
 
 
必死で作った笑顔は、大丈夫だろうか。
 
 
グク:そっか。
それにしても、また〇〇と出会えるなんて、
やっぱり僕達は運命だね。
 
 
 
そうやって笑ったグクは、
以前の様なかわいい笑顔に
少し大人な顔つきになったのを感じた。

それと、、、
私の嘘を見抜けなくなったグクがいた。
 
 
 
 
先程の言葉に笑顔で返す。
 
 
 
グク:もう、僕は諦めないからね。
 
 
そう言って、真顔になった。
 
 
〇〇:うん。。。
 
グク:じゃあ、今日はずっと一緒にいようね?
 

私は返事をしないまま、 
お酒のグラスを
乾杯しながら、
椅子に隣同士で座った。
 

 
それから、
グクは一緒にいない間に起こった事を、
色々と話してくれた。
 
 
私が編集した収録の裏話や、
ライブ中に私がいるか、メンバーで
探し回ったこと、
練習生が私の名前を言った気がして、
必死で盗み聞きしたこと。

時々笑いを交えながら、
お互い同じ時間を気にしながら
過ごしていた事を楽しく話した。
 
 
グク:そういえば、日本語を覚えようと思って、
歌を聞いてみたの。猫って歌が僕の感情に合ってて、そればっか聴いてた時があった。
〇〇は猫みたいだ〜。

 
 
けれど、 
その話の間、
私はバイブの音が気になって
仕方なかった。
 
 
〇〇:…ねぇ、いい加減でろや。
じゃあ、私行くね。
 
 
グク:駄目。行かないで。

〇〇:何かあったんじゃないよ?
尋常じゃないよ。電話鳴る頻度が。

グク:いいんだ。

〇〇:私は気にしないから。

グク:!!!!

〇〇:じゃあ、行く…
 

 
 
行くね、と言いかけた瞬間。
 
 
唇に暖かさを感じた。
 
 

〇〇:ちょっと!!

グク:いや、違うんだ。
行かないで!

〇〇:だからって何!?急に。
ほら、また鳴ってるよ?

グク:うん……。

〇〇:グクは何も悪くないよ?
何でそんな雰囲気だすの?
 
 
グクは急にしおらしく、
落ち込む姿を見せた。。。
 
 
グク:……もう駄目だと思ったんだ。。。
寂しかったんだ。。。
だから、他の人抱けばきっと、
何か変わるって思った。

〇〇:……

グク:忘れようとしたんだ。
〇〇のこと。
 
 
下を向いたまま、
グクは泣いているように感じた。
 
 
 
〇〇:当然だと思うよ。
 
 
 
 

冷たい言葉かなと思った。
 
 

グクを責められたら、きっと
救ってあげられたのかもしれない。
 
 
だけど、苦しんでほしかった。
 
 
私だけ見ていてほしかった。
と、思う凄く自己中な感情が
グルグルと襲った。

 
グク:………。
このまま、また〇〇を好きでいても、
苦しいでしょ?
 
 
〇〇:そうだね。。。
 
グク:でも、こんな風にまた会えて嬉しくて、
触れられて、期待してしまうんだ。
…やっぱり〇〇は魔性だね?
だから、大人になりたかった。
他を知れば、もっと色々と分かると思った。
だけど、、、もっと分からなくなった。。。
 
 
グクの涙を拭いながら、
話した。

 
〇〇:私は魔性でもないし、
グクに怒りたい感情もあるよ?
でも、こんなに苦しませたのは、
私だから何も言えないよ。。。

グク:そうなの?

〇〇:うん。
会わない間に男らしくなってるし、
ずっと見てたけど、何か前とは違うから、
今その人に嫉妬してる。
 
と言い、グクのスマホをじっと見る。
 
グクはスマホを咄嗟に隠した。
 
 
〇〇:…じゃあ、そろそろ電話しなね?
私は戻るから。

グク:うん。。。
ねえ、やっぱり、好き。
行かないで?

〇〇:…うん。
 
 
そう言って、
グクが掴んできた手を
振り払って中へ戻った。
 
 
 
バルコニーの扉を閉める時に、
グクの方を振り向いたが、
グクはスマホを見ていた。
 
 
そして、こちらに
背を向けて電話をし始めた。
 
 
その後姿が恋しく感じる私は
何か可笑しいのだろうか。
 
 
 
ため息を一息ついて、
気持ちを切り替え、
みんなのところへ一歩戻ろうとした。
 
 
 
ドンッッッ
 
 

誰かにぶつかった。
 
 
ジン:お〜、ごめん、大丈夫?
グクとは話し終わった?

〇〇:…うん。

ジン:会いたかったよ。
一番最初に話したかったけど、
あいつがさらって行っちゃったから。
僕もさらっていっていい?

〇〇:うん。
 
 

ジンは私の手をひいて、
以前使っていた、私の部屋に入った。
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!