【BTS妄想】続・誰が運命の人? ロッテワールド2/3 #8

【BTS妄想】続・誰が運命の人? ロッテワールド2/3 #8
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? ロッテワールド2/3 #8

 

 

ジン:ディズニーで乗った船よりは小さいけど、
貸し切りだからゆっくり乗れるね。

〇〇:そうだね〜。
 
 
ジンと私は船に乗り込み、
隣同士で座った。
 

 
ジン:昨日大体は聞いたけど、
日本にいる間、ゲームはしてなかったの?

〇〇:オンラインはしてなかった。
みんなに会いそうだったから(笑)

ジン:やっぱりね。
何度もチェックしたけど、
ログインしてそうになかったから。。。

〇〇:うん…。

ジン:まぁ…でも、またこうして
居られるから、良かった。
 
 
全然良くなさそうに、
微笑むジンと目が合うと少しだけ、
胸が痛んだ。

〇〇:ごめんね…。
私があの状況に耐えられる
精神じゃなかったんだ。
何の覚悟もないまま、
ただただ近くにいたんだ〜。

ジン:それで良かったのに…。
僕が言う事じゃないかもしれないけど。。。

〇〇:何度も言うけど、
ジンは何も悪くないからね!
それと、、、鈴木さんの件、
少しヒナから聞いたよ。
大丈夫?

ジン:うん。大丈夫だったよ。

〇〇:そっか。良かった。

ジン:ねぇ?

〇〇:なに?
 
 
ジンは私の手を握り、言った。

 
ジン:もう、指輪は捨てちゃったの?

〇〇:ううん。あるよ。
 
ジン:また付けてくれる?
 
〇〇:…うん。

ジン:よかった。
あとさ、テテの家に住むの?

〇〇:それはヒナと話し合ってみなきゃ
分からない。

ジン:そうなんだね。
僕の家に来ればいいのに。
あれ、そしたら前みたいに
〇〇を困らせちゃうのかな。
あ〜、僕達はどうしたらいいんだ?(笑)

冗談っぽく笑って言うが、
本当に困っているようにも
見えた。
 
 
〇〇:邪魔だったら、
離していいんだよ?

ジン:何を言っているんだ?

〇〇:何となく。。。

ジン:おぉ〜、そんなマイナス思考で
どうするんだ?こんなかわいい子を
誰が離すんだ?僕?
そんなわけないじゃないか。
どれだけ、離れても〇〇が
忘れられなかったよ。
だから、自信もって!

〇〇:ははは。ありがとう(^^)
そういえば、やりたいことの
遊園地クリアできたね!
ゲームも昨日沢山やったし!

ジン:そうだね〜。
でも、2人きりじゃないね?
僕は〇〇と2人で色々やりたいな。
次はエバーランドに行こう?

〇〇:うん、そうか。そうだね〜。

ジン:そして、早速今夜またゲームしよ?

〇〇:はやっ!は〜い(笑)

ジン:やった〜!
 
 
そう言って、笑うジンは
本当に嬉しそうに笑うから、
とても愛おしく見えてしまう。
 
 
離れている間、
画面越しに見る笑顔と、
今、目の前にある笑い方が違うので、
少しギャップを感じた。
 

そして、何のゲームしようかと
色々と考えているジンを、
いつの間にか
ジッと見つめていた。
 
 
 
 

ジン:お?なんだ?
どうした?体調戻らなそう?

〇〇:あ…ううん。
体調はジンのお陰で良くなったよ。
ありがとう。
 
ジン:良かった。
それにしても、あそこで
待っているアイツは何なんだ?

 
船が着く場所に、
ジミンが待っているのが見えた。
 
 
ジン:渡したくないな。

〇〇:え?

ジン:〇〇の事、待ってるんでしょ?

〇〇:そうなのかな…。

ジン:今日、車の中でマッサージされてるの
見えた。すぐ爆睡してたけど、それを見るのが
なんだか、、、辛くて、、、。

〇〇:……

ジン:重くはなりたくないんだけど…。
あぁ、僕の彼女ならなって、やっぱり
思うんだよね。
 
 
そう言い、ジンは、
繋いでいた手を自分の方に引き寄せ、
少しだけ強引なキスをした。
 
 
その後、私をギュッと抱きしめた。
 
 

その腕が前にも感じたことないくらい
強いもので、思わずジンの顔を見た。
私を抱きながら、ジミンの方を見ていた。

 
 
私の視線に気づいたジンは、
ジミンを見ていた顔とは
全然違う微笑みをして、目を合わせた。
  
 
 
そうして船のアトラクションが、
終わり、出口に向かう時に、
ジンは、耳元で、
 
 
ジン:今夜ね。忘れないで。
 
 
と、わざと艶めかしく言った。
 
 
〇〇:ちょっと!!
 
 
咄嗟に耳を押さえても、
顔が赤くなるのを感じた。
 
 
ジン:ヒャヒャヒャヒャ

〇〇:も〜(笑)

 
 
ジンを軽くどつきながら、
出口を出ると、ジミンが話しかけてきた。
 
 
ジミン:〇〇!僕ともう1回この船乗る?

〇〇:え!?また!?

ジミン:嘘だよ(笑)

〇〇:なんだ〜(笑)
 
ジン:僕と乗る?

ジミン:ヒョンとはいいです(笑)

ジン:なんだと〜!(笑)

〇〇:(笑)

ジミン:それより、ヒョン、〇〇と
アトラクション乗っていいですか?

ジン:う〜ん…。しょうがないか(ため息)
楽しんでおいで。
 
そう言いながら、後から私の両肩に
手を乗せて、ジミンに差し出した。
 
 
ジミンは私の手を握り、
ありがとうございます!と言い、
手を引いて、屋内の方へ歩き出した。
 
 
私は2人に操られるまま、
ジミンに手を引かれ歩きながら、
ジンにまたね!と言った。
 
 
 

 
〜〜屋内に着き、
 
 

 
ジミン:さっき、着いた時これに
興味持ってたよね?乗ってみる?
 
 
〇〇:うん!
 
 
屋内をグルリと見渡せる
気球のアトラクションに
乗ると、下で撮影しているのが見えた。
 
 
〇〇:あれ、ジョンハンじゃない?

ジミン:あ、本当だ〜。

〇〇:…ねえ、近い(笑)
 
 
さっきから、ジミンとの距離感が
バグリ気味な気がした。
 
近いというか、くっついている…。
 
 
 
ジミン:ごめん(笑)
だって、あんなの見せられたら、
嫉妬しちゃうじゃん。
 
〇〇:ははは(笑)
 
ジミン:笑ってごまかす〜(笑)
てかさ、ジョンハンとは
普通に連絡とってたの?

〇〇:うん。

ジミン:………ヒョンより、
ジョンハンが羨ましい。

〇〇:ジョンハンは、そんなんじゃないから。
連絡が楽に出来た。

ジミン:そうなんだ…。
しかし、今日は視界がスッキリする。
昨日良く寝れたからかな(^^)

〇〇:え〜、ゲームやりながら?(笑)
私は全然眠くて、さっきの絶叫系連続
キツかった。

ジミン:だからちゃんと寝ればよかったのに〜。
〇〇がゲームやるって聞かないから〜。

〇〇:ソウデスネ〜¯_༼ •́ ͜ʖ •̀ ༽_/¯
ジミン:(笑)。
僕の家もゲーム部屋作ろうかな。

〇〇:え〜、テテの家でやればいいじゃん。

ジミン:そうだけど〜。
あ、そういえば、荷物どうする?
このまま、置いておいていい?

〇〇:いいの?邪魔じゃない?

ジミン:置いてあるほうが安心する。

〇〇:なにそれ(笑)

ジミン:ははは(^^)
 
 
そう言って、相変わらず近い距離感で、
私のあらゆるところを、軽くつついたり、
つねったりとスキンシップをしてくる。
 
 
たまに変な場所をつつくので、
軽くたたいた。

 
 
そうしているうちに、
アトラクションが終わりに近づく。
 
 
下の方で騒がしく、
私を呼ぶ声が聞こえた。
 
 
テテとグクだった。

 
2人を確認すると、
ジミンはこう言った。

ジミン:さっきのヒョンはこんな感じの
気持ちだったんだね。。。

 
先程からずっとふざけていた
ジミンが急に真顔になって、
言うので、私も何も言えなくなってしまう。
 
 
ジミン:……覚悟はしていたのに…。
嫉妬というか、、、辛いね(笑)
 
 
そう言って笑うから、
言わなくちゃいけない。
 
 
〇〇:辛いなら、私を好きでいなきゃいいのに。。。
 
 
冷たい言葉だって、分かっている。
こんな事を言う立場ではないってことも…。

ジミン:うん、そうだね。
でも、好きだよ。
 
 
そう言い、優しくキスをする。
 
 
そうして、気球アトラクションが
終わった。
 
 
 
出口に着くとすぐに、
待っていた2人に、
ジンと消えた事を攻められ、
謝った。
 

グク:ホラー行こう!

〇〇:どんなの?

テテ:普通のお化け屋敷だよ。
歩くやつ。

〇〇:歩くの!?無理かも。。。

グク:大丈夫だよ!行ってみよう!

テテ:ジミンも行く?

ジミン:いや、僕はジョンハンと
少し話してくるね。

テテ:分かった〜。
 
 
そうして、お化け屋敷に向かうことになった。
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

ポーチミラー ミラー Babyポーチミラー BT公式グッズ BT21グッズ 防弾少年団 BTS bt21公式 bt21

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク