【BTS妄想】続・誰が運命の人? 無限ループ #11

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? 無限ループ #11

 

 

朝になり
まだムスッとしている
グクをなだめながら、
それぞれ仕事へ向かった。
 
 
 
私はナムさんから
指示があった事務所の会議室へ行き
打ち合わせをした。
 
 

それを終え、
次にジョンハンと
待ち合わせをしている
カフェへ向かった。
 
 
 
ジョンハン:せんせ〜い。ここですよ〜!
 
 

ジョンハンは手をふりふりしながら、
こちらを呼んでいた。
 
 
 
〇〇:お待たせ〜。
 
 
ジョンハンに日本語の指導を
一通り終え、少し雑談した。
 
 
 
ジョンハン:ねぇ、、、まじで、戻ってきたんだね(笑)

〇〇:うん。色々迷惑かけてごめんね。

ジョンハン:本当に(笑)今度何か奢ってね!

〇〇:うん。

ジョンハン:しかし、ジミンは〇〇に本気みたいだね。

〇〇:何か言ってたの?

ジョンハン:ん〜、詳しくは言えないけど、
色々と心配してるから、安心させてあげなね?
あ、あと、今度ひなちゃん連れてきてよ!

〇〇:うん、わかった。
……ん!?ヒナ!?ヒナから
了解得たら大丈夫だけど…どうして?

ジョンハン:なんとなく!
もっと話したいなって思ってるだけ〜。

〇〇:ちょっと〜、
ちょっかいださないでよね?
ホビに何言われるか…。
まぁ、とりあえず、ヒナには
話してみるね。

ジョンハン:お願いします〜!
 
 

 
 
ジョンハンとの勉強を終え、
帰宅途中に着信があった。
 
 
 
 
テテだった。
 
 

 
〇〇:はーい
 
テテ:何してるの?
ご飯食べた?

〇〇:今家に帰る途中だよ。
まだ食べてない。

テテ:僕はまだ仕事だよ。
何処で待つの?
家の鍵渡すの忘れちゃったね。
今届けにいくよ。
何処にいるの?

〇〇:???
☆☆カフェの近くにいるけど?
どうして?鍵????

テテ:だってこれからは
僕の家に帰ってくるんでしょ?

〇〇:え!?そんな話いつしたっけ!?

テテ:この前話したじゃん。

〇〇:本当に!?ごめん…全然覚えてない。
酔ってたのかな〜?
じゃあ、今度お邪魔するね!

テテ:駄目だよ。今日からじゃん。

〇〇:…(えぇ〜…)

テテ:近くだから、今行くから!

〇〇:……分かった。
 
 
 
 
勢いに押されて、
テテを待つこと約10分。
 
 

テテ:はい!コレ!
じゃあ、後でね! 
夜9時までには帰れるように
頑張るね!
またね!
 
 
 

タクシーでテテは来て、
鍵だけ渡し、
直ぐに仕事へ戻ってしまった。
 
 
断る余裕もなく、
一瞬だった…。
 
 
このまま、ヒナとの家に帰っても
大丈夫じゃないか?
とも考えたが、
テテの家に向かった。
 
 
 
家に着き、
少しだけ料理を作っておいた。
 
 
 
そして、ゲームをしながら、
帰宅を待っていると、
グクから着信が来た。
 
 
〇〇:どうしたの?

グク:何処にいるの?
ねぇ、連絡したのに、気づいてる?

〇〇:あ、ごめん。ゲームしてた。
テテの家にいるよ。

グク:……。わかった。
 
 
そして、一方的に電話は切れた。
 
 
 
暫くすると、
玄関が空いた音がして、
迎えに行くと、やはりグクも一緒にいた。
 
 
 
〇〇:おかえり〜

テテ:ただいま!

グク:ただいま〜
 
〇〇:ご飯は食べてきたかな?
 
テテ:うん、ケータリング食べた〜

グク:僕もです。

〇〇:は〜い。
 
 
 
作った料理は朝に食べようと思って、
蓋をしていると、グクが言った。
 
 
 
グク:それ、食べたい。

〇〇:朝食べたら?

グク:少しだけ。お酒と一緒に食べたい。

〇〇:わかった。
 
テテ:用意してくれてたんだね!
ありがとう〜!
 
 
そう言い、私を抱きしめようとしたが、
グクが間に挟まってきた。
 
 
そして、グクとテテで抱き合っていた。
 

テテ:ちょっ!

グク:ヒョン、いいじゃないですか(^^)

テテ:離してぇ〜

グク:嫌ですぅ〜
 
 
その光景を横目に、お酒の準備をした。
 
 
 
 

かんぱ〜い
 
 
 
 
マッタリとした雰囲気で
お酒を飲み始めた。
 
 
 
テテ:その鍵、〇〇のだから

〇〇:え!?

グク:鍵?

テテ:今日から〇〇はここに住むんだよ。

グク:そうなの!?

〇〇:あの〜…そのことなんだけど…。
いつ話したかも分からないから、
よく考えさせて?
まだヒナとも話してないから!
ね?

テテ:嫌だ

〇〇:…。
はい、じゃあこの話はおしまいね!
 
グク:はい、これ。

〇〇:?

グク:僕の家の鍵。

〇〇:…ねぇ、待って。
これ2人に一旦返すわ。
私こんなに鍵持てないよ…。
怖すぎる。
 
 
鍵を返す私の手を握って
グクは言った。
 
 
グク:お願い。持ってて。
じゃないと、僕の彼女にするよ!
いい!?

〇〇:ぇぇえええ!?

グク:いい!?

〇〇:……わかった。
持ってるね。。。
 
グク:ねぇ、〇〇は何で戻ってきたの?

〇〇:……迷惑だった?

グク:違くて。何でいつも曖昧なの?
 
 
 
そう話すグクの目は、
いつものように真っ直ぐだった。
 
 
(この視線を求めていたのかもしれない…)
そう思った矢先、
 
 
テテは私達の視線を
チョップで切った。
 
 
テテ:〇〇が戻ってきただで、
今はいいじゃん。
嫌だったら、お前は〇〇を諦めて?
 
 
テテはグクの方を見て話しているので、
表情が分からないが、グクが少し怯えた顔をしていた。
 
 
 
〇〇:……明日も仕事でしょ?
もう休もう?
 
テテ:そうだね。寝ようか。
行こう。
 
 
テテは私の手を取り、
寝室へ向かった。
 
 
テテは私をベッドに横に倒し、
自分も隣で寝た。
 
 
テテ:明日もこうして寝ようね☆

〇〇:……
 
 
手をしっかり握りながら、
嬉しそうに眠りにつくテテは
本当に可愛い。
 
 
テテの頭を撫でながら、
すっかり眠りについたテテを確認し、
そっと寝室を出て、リビングへ向かった。
 
 
 
グクは、ソファーに座ったまま
ボーッとしていた。
 
 
〇〇:グク?

グク:……

〇〇:ごめんね。

グク:もう、本当に僕だけは
見てくれないんだね?

〇〇:うん。今すぐには無理だと思う。
みんなが好き。みんなと離れたくない。
今は側に戻れただけで、嬉しいから…。

グク:そっか…

〇〇:グクも、もう寝よう?

グク:うん。
 
 

グクの手をとり、
寝室へ向かった。
 
 
寝室の扉を開ける前に、
グクは私を抱き寄せた。
 
 
優しくも強い腕からは、
私に罪悪感を抱かせる。
 
 
そして、強く求める唇からは
背徳感を感じる。
 
 
けれども、
こんなにも安心する視線を
手放す?
 
 
今、この瞳に映る感情を
出来れば、ずっと保っていてほしい。
 
 
そうやって、ズルい感情が湧くのを
抑えられなく、
私から唇を欲しがった。
 
 
グク:ズルいよ……
 
 
グクは今までになく、
優しく受け入れる。
 
 
だが、唇を重ねて思う。
前と少し違うキスに、
あの女の子が浮かぶ。
 
 
その感情は気づかれないように、
グクから離れる。
 
 
グク:…ねぇ、もっと。。。
 
〇〇:駄目だよ。寝よう?
 
 
グクはまた少し不貞腐れて、
テテの隣に眠りについた。
 
 
私は空いている
グクの隣に寝た。
 
 
 
 

 
そうして、結局は何日か
テテの家で過ごす日が続いた。

 
 
oOo。.::.。oOo。.::.。oOo。.::.。oOo。.::.。oO
 
 
テテの家で仕事をしていると、
ジミンから着信があった。
 
 
ジミン:今日ご飯一緒に食べよう?

〇〇:うん。

ジミン:じゃあ、〇時に迎えに行くね〜

〇〇:分かった。あ、テテの家にいるから。

ジミン:お?そうなの?分かった〜。
 
 
そうして、ジミンの迎えを待った。
 
 

 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!