【BTS妄想】続・誰が運命の人? 女子会2 #13

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? 女子会2 #13

 

 

朝起きると、
グクの姿は無く、
昨晩は本当に変な夢を
見たなと思った。
 

 
ジミンは慌てながら、
仕事の準備をして出ていった。
 
 
 
 
私もちゃんと起こして
あげられなかったのを
反省しながら、
頭を切り替えようと、
ゆっくりとコーヒーを飲んだ。
 
 
 
静かな部屋を見渡すと、
抜け殻の洋服や、
飲みかけのボトル、
沢山の書類、
雑に置かれたバッグ
等々が目についた。
 
 
 
広いからか、
汚くは見えないけど……
綺麗じゃないな(・・;
 
 
それらを片付けていると、
1ヶ所だけ綺麗に布がかけられている
場所があった。
 
 
 
チラ見をしてみると、
私に買ってくれたものだった。
 
 
 
(大切にしてくれて……ありがとう。)
 
 
 
 
 
 
ジミンからの優しさに
浸っていると、携帯が鳴った。
 
 

〜♪♪♪
着信
 
 
 
 
 
ヒナだった。
 
 
 
📱
ヒナ:今日帰ってくる?
今日みんな終わるの遅いみたいだから、
久しぶりに話そうよ!

〇〇:うん!じゃあ後で帰るね✨
 
📱終了-
 
 
 
それから、ジミンの部屋を後にし、
帰り道で沢山のツマミとお酒を買って、
帰宅した。
 
 
 
ヒナ:おかえり〜♥
今日急にごめんね〜!
大丈夫だった?

〇〇:うん!何も予定なかったよ〜!

ヒナ:良かった!てか、量えぐぅ(笑)

〇〇:へへっ(笑)沢山買っちゃった!
 
 

 
そうして、まだ夕方ではあったが、
まったりと女子会がはじまった。
 
 
 
 
ヒナ:もしかしてさ〜、ホビが結構な頻度で
家にいるから帰りにくい?

〇〇:ううん。違うの。
案外、夜泊まってきちゃって〜。

ヒナ:本当に?それならいいんだけど、
嫌だったら言ってね?
ホビにもそれは話したから。

〇〇:ホビにも遠慮しないでって、
伝えて。本当に気にしてないから!

ヒナ:ありがと〜。

〇〇:あ、あと、それで、
テテが2人で住んでるみたいなんだから、
自分の家に住めば?って提案されたんだけど…

ヒナ:え゛!?何!?
テテと付き合ってるの!?

〇〇:ううん。違うんだけど。。。

ヒナ:〇〇は?どうしたい?
私は〇〇がテテの事が好きだったら
いいと思うけど…。
まだ分からないなら、
こっちいたほうがいいと思う(笑)

〇〇:そうだよね。うん、そうするわ。

ヒナ:まだ、好きな人できなそう?

〇〇:う〜ん、みんな好きだけど…。
ちょっと、違う人いるかな…。

ヒナ:え〜✨なになに!なに!?
 
 
 
ヒナは凄くキラキラした目で
話を聞いてくれた。
 
 
 
〇〇:も〜、本当にこうゆう話し
好きなんだから〜(笑)

ヒナ:お互い様〜♥(笑)
で、誰なのよ?違う人は!?

〇〇:……グクかな

ヒナ:あいつかー!!!
 
 
 
ヒナは頭を抱えながら、
後ろに転げ落ちた。
 
 
 
〇〇:ぇええ!!!大丈夫!?

ヒナ:うん(笑)大丈夫。
あぁ〜…あいつ…グクか…………

〇〇:うん。まだ、確信って
わけじゃないんだけど、
他に気持ち向けられたら
嫌だなって思ったから。

ヒナ:あぁ…この前の帰りの…。
リュヲン?

〇〇:ヒナ知ってるの?

ヒナ:うん。あの子とは
前から知り合いだったよ。
最近の事も、知ってる。

〇〇:そっか…。
2人の邪魔になるかな?

ヒナ:…う〜ん。。。
正直に話すと…周りから見ると、
かなり〇〇は悪女に見えちゃうと思う…かな。

〇〇:そっか…。
 
 
 
そこで、私は2人がどれほどまでに、
周りに浸透していたのか悟った。
 
 
 
ヒナ:うん。リュヲンもね、良い子なのよ。
グクの気持ちも分かった上で、
仲良くしてたし、ほっとけなかったのよ。
ホビもね、リュヲンがいて安心したって
言ってた頃があったの。

〇〇:うん。

ヒナ:………リュヲンがいたから、
グクに気持ちが傾いたの?
他の人は?〇〇の事信じてたよ?
待ってたよ?
どうするの?

〇〇:うん……。どうしよっかな………。
 
 
先程までの
うるさい空間とは逆に、
シンとした静けさが広がった。
 
 
ヒナ:…。…でも好きって感じてるんでしょ?

〇〇:うん…。

ヒナ:じゃあ、頑張りなよ!
私は応援するよ!周りから何言われたって、
〇〇の味方するからね!

〇〇:ありがとう。
 
ヒナ:ほらほら、折角の女子会なのに、
雰囲気暗くなってる!のものも!
 
 
 
ヒナは私のグラスに
並々にお酒を注いだ。
 
 
それを、一気に飲み干す。
 
 
 
〇〇:あ!あと、ジョンハンが
ヒナと会いたいって。
 
ヒナ:え!?何で!?

〇〇:気になる?らしいよ。

ヒナ:じゃあ、ホビに聞け!って
伝えておいて(笑)

〇〇:分かった(笑)

ヒナ:わざわざ〇〇経由で
話そうとするなんて、頭をつかったな〜(笑)

〇〇:たしかに〜

ヒナ:推しグルと話せるのは
嬉しいけどね!
それとこれとは、…違うよな!(笑)
やだぁ〜、めちゃ良い発言しちゃった(笑)

〇〇:(笑)。ヒナのそうゆうとこ、好き。

ヒナ:ありがと♥
まぁ、ホビを越えて会いにきたら、
好きぃ💘ってなるかも!
ははは〜(笑) 
 
 

 
 
それから、私達はいつも通り、
食べては呑んだ。
🍗🍶🍗🍶🍗🍶🍗🍶🍗🍶
 
 
 
 
そうしているうちに、
ヒナにホビから連絡が入った。
 
   
 
 
📱
ヒナ:もしもし?

ホビ:今どこ?何してる?

ヒナ:家で〇〇と飲んでるよ〜

ホビ:おっ、そうなんだ!
行っても大丈夫かな?

ヒナ:え〜、むり〜(笑)

ホビ:え〜(笑)

〇〇:全然大丈夫だよ(笑)
来てきて。私が邪魔だったら、
出ていくし(笑)

ホビ:そんな事ないよ!
え?行っていいの!?

〇〇:うん!

ヒナ:え〜、…じゃあ、〇〇ありがと〜。

ホビ:じゃあ、行く………ぅわぁっ!

グク:ヒョン!今ヒナちゃん?
〇〇といる?
 
    
 
 
電話の向こうから聞こえてくる、
グクの声にヒナは声を押し殺して
爆笑していた。
 
 

ホビ:急にビックリした〜。
あ〜、〇〇ちゃんいるよ?

グク:ヒョンはこれから、
2人の所に行くんですか?

ホビ:うん。

グク:僕も行きます!

ヒナ:え〜(笑)

ジン:ん?なに?このあと何かあるの?

ホビ:今家でヒナと〇〇ちゃんで
呑んでるんですよ。

ジン:へ〜。だから、〇〇から
連絡返ってこなかったのか〜。

ヒナ:ジンが一緒なら、グクも来ていいよ。

ホビ:分かった〜。伝えるね〜。
またね〜!

ヒナ:またね〜

📱終了-
 
 
 
ヒナ:…ジンには酷な事させるかな。

〇〇:?なんで?

ヒナ:えぇ〜、だって、グク好きなんでしょ?
ジンは気づくと思うよ?
まぁ、本当に好きか私も見極めたいから、
ジンも誘ったんだけど。。。

〇〇:そっか。そうだよね。。。

ヒナ:……まぁ、〇〇も自分の気持ちよく
確かめてみなよ!

〇〇:うん。
 
 
 
そうして、3人が来るまでの間、
ヒナとの女子会は続いた。
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!