【BTS妄想】続・誰が運命の人? unmatch #15

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? unmatch #15

 

 

グクは部屋に入ると、
みんなは?と
私だけしかいない空間に
不思議がっていた。
 
 
ヒナは酔って多分部屋に行き、
ホビも一緒。
と、いうことと、
ジンは用事が出来て帰宅したと
伝えた。
 
 
グク:そう。じゃあ、2人きりだね。
ラッキー♪
 
 
ニコッと笑ってお酒が入った
グラスを乾杯し、飲み始める。
 
 

酔いもあるせいか、
自覚が芽生えたからなのか、
グクをまともに見れない。
 
 
 
けれど、痛いほどに
視線は感じる。
 
 
 
グク:何かあったの?

〇〇:別に何も?

グク:ジンヒョン?

〇〇:何が?

グク:ジミニヒョン?

〇〇:ん?

グク:テヒョンイヒョン?

〇〇:え?
 
グク:ジンヒョンだ。
何があったの?

〇〇:別に何も…?

グク:ふ〜ん。
 
 
ドキッとした会話があったが、 
いつも通り、ドラマを見始める。
 

 
 
けれど、時々こちらの様子を
伺う仕草を感じた。
 
 
 
〇〇:なに?

グク:今日は色々付けてないんだね。
 
〇〇:家だしね。指輪とかは外した。

グク:そっか。新しいの欲しい?

〇〇:いらない。

グク:本当に?

〇〇:うん。

グク:わかった。
 
 
 
勘が鋭いとは思っていたが、
私が分かりやすいのかもと、
心の中で自省した。
 
 
  
グク:リュヲン?
 
 
突然出た名前に
ビックリして、
勢いよくグクを見た。
 
 
 
グク:リュヲンって名前は
知ってるみたいだね?
僕との関係も……。

〇〇:………。

グク:話そうと思ってた。
てか、この前少しだけ話したよね。
僕はあの子にある意味、救われたんだ。

〇〇:うん。

グク:正直、〇〇はもう戻ってこないと
思っていた。一生会えないって思った。

〇〇:…うん。

グク:辛かった。本当に辛かった。
好きな歌うのさえも辛かった。

〇〇:ごめん。。。

グク:そんな時にリュヲンは
側にいてくれたんだ。
僕はただ、人恋しくて、
寂しさを埋めるように、
歌い続けるために、
リュヲンを利用したんだ。

〇〇:……

グク:最低な事をしていたことに、
この前気づいたよ。。。

〇〇:ごめんね。
私は戻ってくるべきじゃ
なかったのかもしれない。

グク:ううん。違うよ。
僕が〇〇を信じれなかったから。。。
だから、僕は〇〇に強く言える立場でも
何でもなかったんだよ。
いつも、僕だけを見てって我儘言って
ごめんね。
だから、焦らないで?
大丈夫だから。
 
〇〇:……。
 
 
 
何だか私達は
凄いすれ違いをしている
感じがした。
 
 
 
何故、グクはこんなに
優しいのか?
 
 
いや、前から優しさはあったけど、
何となく違う……。
 
 

 
いつもみたいに、
ハッキリしてよ!って、
責めてくれたら、
グクが好きって言えるのに。
 
 
 
何だか、言いにくい…。
 
 

私の勝手な行動で、
傷つけてしまったこと。
 
それを支えてくれる存在がいるのに、
こんな風に戻ってきて
自分を好きでいてほしいと、
願う私は何て愚かなんだろう。
 
 
そう思った。
 
 
 
けれど、今隣にあるこの体温を
離したくない。
 
 
離れてほしくない。
 
 
 
言ってよ?求めてよ?
何で今更、その態度なの?
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!