【BTS妄想】続・誰が運命の人? 日常 #17

スポンサーリンク




【BTS妄想】続・誰が運命の人? 日常 #17

 

 

〇〇:グク?起きれる?
もうそろそろ、行こう?

グク:う゛〜ん
 
 
 
まだ眠そうな彼だったが、
ウトウトしながらも一緒に
ヒナ達のいるリビングに向かった。
 
 
 
 
ヒナ:お〜、おはよ〜。
昨日は本当にごめんね〜。

〇〇:気にしないで!全然大丈夫だったから。

ホビ:おはよ〜。〇〇ちゃん、よくグク起こせたね〜(笑)

〇〇:慣れてますから(笑)

グク:もう、ちゃんと起きれますよ(笑)
それよりも、ヒョン、ヒナちゃん、
話したいことがあるんです。

ホビ:お〜、なに?改まっちゃって〜。
 
グク:聞きたいですか?

ヒナ:いや、全く興味ないわ〜。
あ、ねぇ、ジンは?

〇〇:ジンは昨日予定あるから帰ったんだ。

グク:ヒナちゃん、酷いな〜(笑)
でも、ヒナちゃん、〇〇はもらうね♡
 
 
 
グクはヒナを見ながら、
そう言い、私をわざとらしくギュッと
抱きしめた。
 
 
 
 
ヒナ:ムキィィイイイ!!
何!?なに!?もしかして!?
付き合うことになったの!?
 
グク:イェエエス!

ヒナ:まじかぁあああ!!!
 
 
 
ヒナは昨日と同じように
頭を抱えながら、
後ろに転げ落ちた。
 
 
 
ホビ:ヒナ!?大丈夫!?
 
ヒナ:……うん(笑)大袈裟だったね(笑)
ごめん。ごめん。
おめでとう(^^)

〇〇:(笑)。ヒナ、いつも心配してくれて、
ありかとうね。

ホビ:おめでとう〜!グクを宜しくね!

〇〇:うん。ありがとう。

グク:まかせて下さ〜い。

グク以外:(笑)
 
 
 
それから、私達は
ヒナが作ってくれたスープを頂き、
それぞれのスケジュールをこなした。
 
 
 
 
 
 

〜数日後〜
 
 
 
 
あれから毎日グクと
会っている。
 
 
というか、毎日私とヒナの家に
普通に帰ってくる。
 
 
 
 
今日も仕事終わったと
先程電話が来たので、
そろそろ家に着く頃だろうか。
 
 
 
〜♪着信
 
 
〇〇:は〜い、着いたのかな?
今開けるね〜
 
グク:よろしく〜
 
 
 
オートロックを解除し、
グクが帰ってきた。
 
 
グク:ただいま♡

〇〇:おかえり♡

 
そう言い合い、グクは
私の部屋の一部を
自分の物を置く
スペースにしていて、
そこにバッグやアクセを
しまっていた。
 
 
 
そして、部屋着に着替えると
いつものようにソファーへ
寝転がるようにダイブする。
 
 
そこへ私は、隣に座る。
 
 
すると、グクは私に寄りかかり、
お互いの温度を無言で感じる。
 
 
 
付き合う前から、そんな感じだったから
特別に感じないその光景は、
喜ぶべきなのか、
悲しむべきなのか、
不思議な感覚にさせる瞬間だ。
 
 
 
(グクはどう思ってるのかな?)
 
 
 
そう見つめる先には、
ニコッと笑う、彼の幸せそうな笑顔がある。
 
 
 
(笑顔が増えたな。)
 
 

以前は瞳をジッとみるから、
その視線に自分をみたけど、
今は目が笑ってて見えない。
 
 
グク:さっきから何?(笑)

〇〇:ん?かわいいな〜って見てたんだよ(^^)

グク:〇〇のが可愛いじゃ〜ん

〇〇:どこがぁ?(笑)

グク:こことか、こことか、こことか、
こことか!!
ほら!全部かわいい〜(^^)

〇〇:(笑)。ありがとう〜
 
 
 
 
グク:そういえば、ヒョン達から
連絡こないでしょ?
寂しい?

〇〇:うん。グクが言ってくれたんでしょ?
寂しくないよ?どうして?

グク:うん、言った。
そっか。それならいいんだ。

〇〇:?。うん。

グク:今度さ、外にデートしに行こうよ。
色々忙しくなるから、こうしてゆっくり出来なくなるかもしれないし。

〇〇:いいの?

グク:うん!人手が少ない時に行こう?
何処行きたい?

〇〇:う〜ん、そうだな〜。
う〜ん。ドライブ?
だめかな?

グク:ん?駄目じゃないよ?
行こう!

〇〇:うん(^^)楽しみ〜

グク:ね〜(^^)
 
 
 
私、寂しく見えるかな…。
確かに、グクと付き合ってから
みんなから連絡が全くこなくなって、
どことなく暇な気がした。
 
 
 
だけど、そんな事を思ってしまうのは
悪いと思って、考えないようにしていた。
 
 
 
薄情な人かな。。。
 
 
 
グクには、そんな私はどんな風に見えてるの?
 
 
 
みんなの事聞いたほうがいいかな?
 
 
 

それとも、このままでいいの?
 
 
 
グクの想うような私になりたいけど、
聞いていいのかな?
 
 
 
なんでだろう?
 
 
 
付き合う前より、
今の方が不安になるの。。。
 
 
 
彼のその仕草も声も、
笑ったその顔も、
全部、私が欲しいのに。
 
 
 
私に向けられてるはずなのに。。。
 
 
 
何なの?この違和感は。
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!