【BTS妄想】続・誰が運命の人? 説明 #21

【BTS妄想】続・誰が運命の人? 説明 #21
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? 説明 #21

 

 

 

家に帰ると、ホビが迎え入れてくれた。
 
 
 
ヒナ:ごめん。ホビ、私達は後で話そう?
とりあえず、色々と〇〇に説明しなくちゃ。
 
 
 
凄く重い空気に耐えられなかった。
 
頭の中もタクシーの中で、
冷静になれたし、私はみんなに
自分の想いを話そうと思った。
 
 
 
〇〇:あの〜…。ごめんね。
なんか、迷惑かけて。ヘヘヘ

ヒナ:迷惑なんて思ってないよ!
大丈夫?

〇〇:うん。大丈夫。
ただ、さっきタクシーの中で考えたんだけど、
やっぱりグクに確かめてから、
色々決めようと思う。
ただ単に、遊んでただけかもしれないし。

テテ:遊んでたって……。
〇〇はそれでいいの?

〇〇:う〜ん。グクから聞かないと何とも…。

ジミン:〇〇の気持ちは今、どうなの?

ヒナ:そうだよ!

〇〇:う〜ん、、、。
何ていうか、、、。
みんながグクとリュヲンちゃんの事
知ってたのもビックリだし、
何でなのか…。
それはグクに聞きたいし。
本当にグクに会うまでは、
何とも。。。
だから、みんな集まってもらったのに
ごめんね(^^)

ジミン:……少し話しをしていい?

〇〇:うん。

ジミン:これは僕の意見なんだけど…。
グクから〇〇とは付き合うって話しは
聞いていたんだ。

〇〇:うん。

テテ:あいつは、‘’なのでヒョン達〇〇に
連絡するときは僕を通して‘’って、言ってきたんだ。だから、凄く〇〇に会いたかったけど、、、我慢した。
幸せになってくれると、信じてた。

ジミン:そうだね。それで、いつか会えたらって思ってた。

〇〇:うん…。。。
幸せにしてるよ?

ジミン:それなら、よかったよ(^^)
けれど、リュヲンはグクを諦めなかったみたいだね…。
それで、周りに色々相談したみたいなんだ。

テテ:噂好きの人達が、鈴木さんの時の女の子だって特定しはじめて、〇〇が何だか悪く言われるようになってきたんだよね…。
凄く悲しかった。。。

ジミン:うん。その時からだったかな。
丁度、グクもリュヲンを受け入れ始めたように見えたんだよね。以前みたいに、リュヲンと仲良くしていたんだよね。

テテ:だから、僕達はそれを静かに見守ることにしたんだ…。
〇〇が今まで気づかないで幸せだったなら、
良かった。

ジミン:それでね、最近は〇〇の悪い噂も聞かなくなって、逆にグクがリュヲンと〇〇を二股かけてるんじゃないか?って噂になってるんだ。だから、あいつはそのまま悪者になってくれればって、僕達は思ってたんだ。

テテ:うんうん。

ヒナ:へ〜。。。なるほどね。
だから、ホビは〇〇には今話すべきじゃないって言ったのね(ー_ー)

ホビ:う、うん!ごめんね、ちゃんとヒナに話せなくて…。

ヒナ:後で話し聞くわ…。
私はね、リュヲンと前から知り合いだったから、相談のってたの。
もちろん、〇〇とグクの事は何も話してないよ!
少し前までは、すごーく落ち込んでたんだけど…。
最近、幸せ〜❤とか言うから。。。

〇〇:うん…。

ヒナ:結果、私はリュヲンの事を裏切ってしまったのかもしれないけど…。
〇〇に知ってほしかったの。
だって、あいつ普通に家に帰ってきて、
〇〇と何事も無いように接してるんだもん。
ほんと、ムカついた。
だけど、私は〇〇の悪い噂が流てるってのは知らなかった…。

〇〇:うん。ヒナありがとうね。
辛かったね。

ヒナ:でも……もしかしたら、
グクもその噂知ってるのかな?

ジミン:それは分からない。

テテ:知らないんじゃない?
普通にまたリュヲンと仲良くしてるだけな気がするけど。

〇〇:どっちにしろ、やっぱりグクから聞かなきゃね。みんな、なんか色々ありがとね。

テテ:…ねぇ、グクと別れないの?

〇〇:…え?どうして?

テテ:僕なら〇〇を大切にできるよ?

〇〇:グクだって大切にしてくれるよ?
別れないよ。

ヒナ:〇〇ならそう言うと思った。

〇〇:うん…。

ヒナ:シュガさんの時もそうだったよね。

〇〇:…………変わらないね。

ヒナ:好きだよ。そういうとこ。

テテ:僕も。

ヒナ:うざぁ〜(笑)
 
 
 
みんなが一斉に笑った。
 
 
そのまま空気を変えるように
手を鳴らして言った。
 
 
〇〇:さぁっっっ!!!
とりあえず、グクと話してみなくちゃね!
てか、、テテとジミンはここにいて平気なの?
グクに怒られるんじゃない(笑)?

テテ:………なんか違うから。。。

ジミン:…………そうだね(笑)

〇〇:?

ヒナ:みんな、こっち向いて!
 
 
 
パシャッッ📱
 
 
 
ヒナの写真を撮る行動に
みんな疑問符を浮かべた。
 
 

ヒナ:これをグクに送ってみるわ(笑)
 
〇〇:え!?嫌われ………
 
 
言いかけた途端、ヒナは私の口を抑えた。
 
 
 
ヒナ:嫌われちゃえ〜(笑)
私が守る。
 
 
 
テテ:ヒナちゃん…かっこいい…

ジミン:本当に大丈夫かな(笑)

ホビ:(頭をかかえる) 
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!