【BTS妄想】続・誰が運命の人? ( ̄ー ̄)b #22

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? ( ̄ー ̄)b #22

 

 

ヒナが写真をグクに送ると
すぐに、ホビの携帯が鳴った。
 
 
 
ホビ:うわぁ…、僕に連絡きた…
 
ヒナ:スピーカーにして出てね?
 
 
 
ホビはヒナの言葉は聞かなかったように、
スピーカーにせず、電話に出た。
 
 
 
どうやら、電話の内容はヒナと
話したいって事だったようで、
ホビはヒナに携帯を渡した。
 
 
ヒナはホビをジト目で見ながら、
スピーカーにして電話に出た。
 
 
ヒナ:変わりましたぁ〜

グク:ヒナちゃん?これは、どうゆうこと?
今、ヒョン達家にいるの?
ヒナちゃんが誘ったの?

ヒナ:いや、たまたま外で会ったから
家に寄ってもらって話してる。

グク:ふ〜ん、そうなんだ。

ヒナ:グクも来るれば?今何してるの?

グク:あ〜、用事があって。
〇〇もそこにいるんでしょ?
今、連絡するから出てって言っておいて。

ヒナ:用事?はーい、分かりましたぁ〜。
 
 
 
その後、本当にすぐ連絡がきた。
それだけで、嬉しく思う私がいた。
 
 
 
ヒナ:部屋に行って話しておいで?

〇〇:うん。ありがとう。
 
 
 
部屋に行き、グクの電話に出た。
 
 
 
グク:何してるの?

〇〇:ヒナから聞いてるでしょ?
グクこそ今、何してるの?

グク:今日は予定あるから、遅くなるって連絡したじゃん。そんな日に何でヒョン達家に入れるの?

〇〇:たまたま会っただけだよ。

グク:ヒョン達は絶対たまたまじゃないよ!
写真でみたけど、距離も近いよ?
それに、何でヒョン達に会ってるって連絡してくれないの?
どうして、ヒナちゃんから知るの?

〇〇:まだ会ったばかりだから…。
連絡遅れてごめんね。
グクは何処にいるの?

グク:今?外だよ。

〇〇:何処の外?誰と会ってるの?

グク:仕事仲間だよ?何?
……何か勘違いしてない?
ヒョン達に何か言われたんでしょ?

〇〇:ううん。言われてないよ。

グク:本当に?
まぁ、もうすぐ帰るから
ヒョン達と話さないでよ!
帰しておいて。

〇〇:いやぁ、少しは話すよ。
……まぁ、分かったよ。
後でね…。
 
 
 
電話を切り、リビングへ戻った。
 
 
みんなには簡単に、
グクがヒョン達と話しをしないでほしいと言っていた旨と、仕事仲間と会っていると聞いた事を伝えた。
 
 
 

ヒナ:はっ(笑)笑える。
仕事仲間って言うのが、
あながち間違いでないのがね…。

〇〇:うん。…でも本当に何か
仕事一緒にするのかな? 

ヒナ:どうなの?ホビ達何か知ってる?

ホビ:いやぁ〜、聞いてないな〜。

ジミン:そうだね〜。

テテ:ただの言い訳だよ。
グクが帰ってきたら、2人の関係聞こうよ?

〇〇:うん。。。
だけど、これはグクと2人で話したいかな。

ヒナ:そうだよね…。その後でいいから、私もグクと話していいかな?

〇〇:うん。

ジミン:僕達もいていい?

〇〇:グクは2人は帰してって
言ってたんだ。

テテ:僕達が、それ聞くと思う?

〇〇:だけど、これじゃあ、
グクが悪いって決めつけてるみたいだよ。。。

テテ:この状況で悪くないの?

〇〇:何もまだ分からないから。

テテ:ん〜、そっか。
でも、グクの事は僕達の方がよく分かってると思うよ?話し合いなら力になるよ。

〇〇:……。なにそれ。
私は何も知らないみたいな。。。
力なんて貸してもらわなくてもいいよ。

テテ:そう?この状況の説明も出来るの?

ジミン:ちょっと、ちょっと、
〇〇を何で煽るの?

ホビ:そうだよ。
ヒナもいるし、僕もいるから、
2人は帰りなよ。
居たらややこしい事になるからさ…。

テテ:僕達も〇〇とこうしてることを
グクに説明したほうがいいよ。

ホビ:僕から話しておくから。

テテ:僕から話します。

ジミン:僕も、グクと話したいかな。
リュヲンとのこと聞きたいし、何か僕達が勘違いしてるのかもしれないしね。

〇〇:う〜ん、…どうすればいいのかな^^;

ヒナ:テテとジミンは違う日に
グクと3人で話したら?

テテ:なんで?今日でいいじゃん。
 
 
 
解決策が見つからない話し合いを
繰り返すうちに、私の携帯が鳴った。
 
 
 
グクから家に着いたという連絡だった。
 
 
 
予想外に早い帰りに、全員焦りだすが、
どうしようも出来ない状況に、
笑うしかなかった。
 
 

笑って緊張が少し解れたのか、
少しだけ気楽にグクを玄関まで
迎えに行けた。
 
 
グク:ただいま〜
 
 
 
電話では怒っている口調だったが、
帰ってきたグクはいつも通りの
彼だった。
 
 
 
〇〇:おかえり〜。
お疲れ様。ご飯は食べた?

グク:うん!ありがと〜。
まだヒョン達いるんだね?
 
 
 
靴を確認して、彼が言う。
 
 
 
返答に戸惑うと、ヒナが迎えに来てくれた。
 
 
 
ヒナ:お疲れ様。
テテとジミンはグクに会いたがってたから、
残ってくれたよ?
〇〇は帰ってって伝えてたよ。
みんなで、久しぶりに飲まない?

グク:そうだね〜。分かった。
荷物置いてから、行くね。
 
 
グクはヒナにそう言い、
私の手をとり、部屋に向かった。
 
 
ヒナの方を振り向く。
 
 
ヒナ:『( ̄ー ̄)b』
 
〇〇:『( ̄ー ̄)b』
 
 
 
そして、グクと部屋に入った。
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!