【BTS妄想】気になるあの子 1/5【短編】

 

※この短編は長編の『続・誰が運命の人』に

でてくる女の子を主人公にしています。

【BTS妄想】気になるあの子 1/5【短編】
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】気になるあの子 1/5【短編】

 

 

 

 

 

望むものは大抵

手に入る。
 
 

 
 
 
私の名前はリュヲン。
今売出中のアイドルだ。
正直、売れるだろう。
 
 
 

だって、私がいるから。

 
 
自意識過剰?そんな悪口は
私に話しかけられたら、
みんな捨ててくれる。
 
 
 
グループのみんなは
私を姫と呼ぶ。
 
 
スタッフも社長も。
 
 
小さい頃から、そのあだ名なの。
 
 
この顔のお陰。だから好き。
 
 
 
両親に似てるかは、分からない。
だって知らないから。
 
 
 
だけど、ありがとう。
 
 
 
それがあるから、私をみんな
もっと可愛がるの。
 
 
 

少し悲しい顔見せるだけで、
必要以上に過保護になるの。
 
 
でも、この世界にも飽きてきちゃった。
 
 
 
だって、練習とか辛いもん。

 
 
 
(あ〜あ、何か面白い事ないかな。)
 

  
 
そんなある日、クラブで遊んでいると、
ふと友達と男性アイドルの子が
口論してる姿を目撃してしまった。
 
 
 
別れ話だろうか。
 
 
 
男性アイドルが必死で
友達を何か説得していた。
 
 
 
けれど、友達はすぐ去っていった。
 
 
 
その場で力無く座る男性アイドルに
興味をもった。
 
 
 
だって、普段共演するときは
あんな必死な表情みせないから。
 
 
 
リュヲン:これ、どうぞ。
 
 
 
ドリンクを差し出した。
 
 
 
男性アイドルはこちらを見て
驚いていた。
そして、謙虚にドリンクを受け取った。
 
 
リュヲン:何してるんですか?
はじめまして、私はリュヲンです。
突然声をかけてしまって、すみません。

グク:いえ。はい、知ってます。
僕はジョングクです。
少し用事があって来ただけです。
もう、帰ります。
ドリンクありがとうございます。

リュヲン:え!?もう帰るんですか?
じゃあ、帰り道少し一緒にしてもいいですか?
私車なので、よければ乗っていきますか?

グク:大丈夫です。ありがとうございます。
じゃあ。
 
 
 
彼はすぐその場を去っていった。
 
 
 
(………ふ〜ん、面白いかも)
 
 
 
私と話す事に照れはしたけど、
嬉しいとは感じていない雰囲気が
新鮮だった。
 
 
 
 
友達の所に戻り、
彼との話を聞くことにした。
 
 
 
リュヲン:あ、ヒナ!さっきグクと話をしてなかった?知り合いなの?意外!

ヒナ:あ〜、知り合いではあるけど…。
そんなに知らないかな(^^)
 
 
 
笑顔で流された。
 
 
 
知らない?
あの雰囲気は絶対に知り合いだよ。
 
 
 
(もしかして、隠れて付き合ってるのかな?)
 
 
 
 
リュヲン:ヒナ!もしよかったら、グク紹介してくれない?私、一目惚れしちゃったかも!

ヒナ:え゛!?一目惚れって、、、
共演何度もしてるんじゃない(笑)?

リュヲン:そうだけど〜、さっきちゃんと見たらかっこよかった!

女の子1:え〜!姫が一目惚れとか
はじめて聞いた!!!

女の子2:姫の事が好きな男達どうするの(笑)?

女の子3:ほんとに〜!
でも、姫が安心出来る場所ができたら、
ちょっと私嬉しいかも。

リュヲン:安心できる場所かぁ☆
確かに、それいいかも〜。
でもみんなとこうしていれるだけで、
幸せだけど(^^)

みんな:姫〜(^^)
 
 
 
ヒナを見ると、みんなと笑ってはいたが、
何だか少しだけ顔がひきつっているように
感じた。
 
 
 
 
それから何ヶ月も経つが、
ヒナからは何も言ってこなかった。
 
 
 
なので、私は事務所の社長に相談して、
食事会を開いてもらった。
 
 
 
私達のグループと彼のグループでの
食事会。
 
 
 
今、事務所の未来を背負っている2グループだ。
 
 
 
ラン(同じグループの子)と、彼のグループの
何人かは元々知り合いだったみたいで、
私達はすぐ打ち解けた。
 
 
帰り道、彼と2人きりになるように
仕向けた。
 
 
けれど、彼はすぐ去っていった。
 
 
 
益々、面白い子だなと思った。
 
 
 
それからは、スケジュールを
なるべく把握し、帰りを共に無理矢理した。
 
 
 
グク:ねぇ、いつまでそうするの?
仕事に集中しなよ?練習は?
 
 
ある日、いきなり
帰りの送迎車で話しかけられた。
 
 
 
 

 
リュヲン:……やっと話してくれるね?

グク:ハッ(笑)何?くだらない…。
 
リュヲン:本当にね(笑)でも、私は
嬉しい。また、来るね。

グク:……くだらない。

リュヲン:あ〜、グクと話せたから、
明日仕事良くできそう☆
グクにもそういう魔法かけておくね☆

グク:(笑)
 
 
 
初めて言葉のキャッチボールができた日。
 
 
 
 
 
呆れて笑うその表情に、 
私は本当に恋に落ちた。
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!