【BTS妄想】続・誰が運命の人? 距離の保ちかた #29

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BTS妄想】続・誰が運命の人? 距離の保ちかた #29

 

 

 

携帯を確認すると
ジミンからだった。
 
 
 
〇〇:もしもし?

ジミン:やぁ、そこで何してるの?(笑)
 
 
 
驚きながら振り向くと、
ジミンが笑いながら
心配そうに近付いてきた。
 
 
 
 
ジミン:1人で夜に公園で、危ないよ?
今度から僕を呼んで?
お酒ならいくらでも付き合うよ!

〇〇:(笑)ありがと〜。

ジミン:じゃあ、何処か移動しようか?
てか、ここで本当に何してたの!?

〇〇:今日まで自分頑張ったな〜って、褒めてたの(笑)hahaha
明日から久しぶりに連休だし、テンションあがって早く自由を味わいたかっただけなんだ。

ジミン:そっか。そうだね、頑張ってるよね。
頑張りすぎて、つかまらないもんね!

〇〇:hahaha:-D

ジミン:う〜ん、じゃあお祝いしよっ!
タクシー呼ぶね!

〇〇:え!?あ、いいの!いいの!
お祝いとか!そんな大げさな感じじゃないし!

ジミン:いいじゃん!

〇〇:うん…いいんだけど…。

ジミン:そっか。誰か呼ぼうか?
ヒナちゃん?
ラン?ジョンハン?ゆうこさん?

〇〇:今みんな時間あるかな?

ジミン:とりあえず、みんな誘ってみようかな。

〇〇:うん!ありがとう。
 
 
 
 
それから、ジミンとバーに移動して
みんなからの連絡を待った。
 
 
 
ヒナは案の定、休むと言い、
ランさん、ゆうこさんは
用事&仕事で行けないと連絡が来た。
 
 
 
 
ジミン:新しい生活はどう?

〇〇:楽しいよ!引っ越しの日
手伝ってくれてありがとうね。

ジミン:どういたしまして。
そう言えば、足りないって言ってた
家具とかは買えたの?

〇〇:ううん。そのまま過ごしてる(笑)
時間がなくて。

ジミン:そうなんだ。
そういえば、〇〇のショップ可愛いね。
僕、沢山買ったよ!

〇〇:え!?買ってくれたの!?
言ってよ〜。お世話になってるんだから、
プレゼントするのに。

ジミン:連絡つかないのに(笑)?

〇〇:う゛っっ。
ゴクゴクゴク(お酒を無理矢理入れる)

ジミン:てか、結構色んな場面で着けてるのに
気付いてくれないの?
編集の時、グクばっかり見てるんでしょ(笑)?

〇〇:ぅ゛ぅ゛う゛っっ。
ゴクゴクゴク(お酒を無理矢理入れる)

ジミン:なんで、別れたの?

〇〇:ゲボゲボっっ。
ゴクゴクゴク(お酒を無理矢理入れる)

ジミン:大丈夫?
ごめん、イジメすぎた(笑)

〇〇:も〜、やめてよ〜(^o^;)
いたいとこつくなぁ〜。
楽しく飲みた〜い。
あ、でも買ってくれたの
本当にありがとう。

ジミン:ごめん、ごめん(笑)
うん、ただ欲しかっただけだから。

 
 
 
 
ジョンハン:はぁ〜い!お待たせ!
あれ?お邪魔だった?

〇〇:全然だよ!久しぶり!

ジョンハン:久しぶり!
全然レッスンしてくれなくなって、
困るよ!

〇〇:だって、もう結構話せるし
大丈夫かなって。

ジョンハン:だめだめ。
やっぱまだ難しくて。
もっと日本のニュアンス的なのを
学びたい。

〇〇:意欲的だね〜。
分かった。スケジュール組むね!

ジョンハン:先生ありがとう!

〇〇:も〜先生呼び、本当にやめて(笑)
あー、ヒナと連絡とってるでしょ!?

ジョンハン:うん(^^)v
ヒナちゃんって本当に可愛くない!?
良い子すぎない!?

〇〇:そうだよ!?だから、泣かせたり
困らせたら許さないからね!?

ジョンハン:こわ〜い。

〇〇:本気だからね!

ジョンハン:僕の友達のジミンも
泣かせたら許さないからね!

ジミン:まぁまぁ、今日はさ、
〇〇の仕事の一段落的なお祝いだから…(笑)

ジョンハン:は〜い。先生、お疲れ様です!
(かんぱ〜い) 

〇〇:だ・か・ら(笑)!
 
 
 
それから、たわいもない
話をして時間が過ぎた。
 
 
 
久しぶりに外で
呑めて良い気分転換になった。
 
 
 
 
帰り道、タクシーを拾おうとすると、
ジョンハンが言った。
 
 
 
ジョンハン:あ、僕一緒に帰るね?

〇〇:え?

ジョンハン:ヒナちゃんにさっき連絡したら、
家来ていいって。

〇〇:…………ジョンハン、
私を使ったね?

ジョンハン:…うん。
ちゃんと送るって言った。

〇〇:全く…(呆れ顔)

ジミン:お?僕も行こうかな?

〇〇:なんでそうなるの!?

ジョンハン:行っちゃえ♪行っちゃえ〜♪
 
 
 
そして、みんなで帰宅した。
 
 
 
帰宅すると、
ヒナが部屋から出てこなかったので
連絡をとると、頭痛がするみたいで
もう少し寝ると返信が来た。
 
 
 
それをジョンハンに伝えると、
ヒナの部屋に行ってしまった。
 
 
 
〇〇:大丈夫かな。

ジミン:ジョンハンに任せよ?

〇〇:うん…。

ジミン:明日さ、よかったら、
色々買い出しに行こうよ?

〇〇:え!?いいの?

ジミン:うん、行こう。

〇〇:あ〜…でも…。
大丈夫。私も明日休もうかな。

ジミン:行こうよ?

〇〇:ううん、いいや。
はぁ〜、良く呑んだし、
楽しかったし、休も〜!
ジミンも送ってくれてありがとう!

ジミン:まだ、帰らないよ?
飲み直そう?

〇〇:ううん。ヒナ具合悪いし、
静かにしなきゃ。

ジミン:じゃあ、〇〇の部屋行こう?

〇〇:帰ろう?

ジミン:う〜ん、帰らない。
帰りたくない、ごめんね。
ねぇ、グクとの話を聞かせてよ?
辛い?
 
〇〇:辛くないよ?

ジミン:そうなんだ。
じゃ、こちらへどうぞ。

〇〇:そこ私の部屋なんだけど?(笑)

ジミン:いいじゃん、ゆっくりしよう?
何もしないから。
気軽に相談してよ?

〇〇:………。

ジミン:それとも、グクが好きなのに
僕と変な事考えてるの?(笑)

〇〇:ちがうけど!もう…わかったよ。
 
 
 
 
 
仕方なく、
部屋でジミンと飲み直すことにした。
 
 
 
正直、久しぶりに
外で呑んで笑って
楽しい時間が惜しかった。
 
 
 
 
ジミンと乾杯をし、
編集予定の動画の事や、
流行りのドラマの話をした。
 
 
 
ジミン:グクは流行りに敏感だから
良く教えてもらった?

〇〇:うん。凄いよね、あの探求心。

ジミン:ほんとに。

〇〇:実はさ、今日グク見かけたんだよね。

ジミン:知ってる。公園ででしょ(笑)?

〇〇:え!?気付いてたの!?

ジミン:うん、僕もその車乗ってたから。

〇〇:あ〜、そうだったんだ。
…リュヲンちゃんいたね?

ジミン:いたね〜。ショックだった?

〇〇:少しだけ。

ジミン:少し?

〇〇:かなり。
はぁ〜、何で別れちゃったんだろ…。
我慢すれば良かったのかな。
会いたい…。

ジミン:我慢しなくて良かったんだよ。
ねぇ?僕がその気持ち埋めてあげられないかな?

〇〇:駄目だよ。
グクはそれが嫌だったんだから。
今こうしてるのもきっと嫌われる。

ジミン:じゃあ、嫌われちゃいなよ?
僕は好きだよ?
だから、僕にチャンスをちょうだい?
 
 
 
いつも、冗談っぽく笑いながら
話すジミンはそこにいなかった。
 
 
 
真剣に言うから、
やっぱり部屋に入れた事を後悔した。
 
 
 
 
ジミン:〇〇が寂しい時だけで
いいから、僕を頼って?ね?
駄目だったら、言ってね?
 
 

 
ジミンとの距離が縮まる。
 
 
 
反射的にジミンを押さえ、
距離を保つ。
 
 
これ以上近づけないように。
 
 
 
ジミン:もっと強く抵抗しなきゃ。
駄目なんて思わないよ?
 
 
 
 
ジミンがぐっと近づき、
唇を奪っていく。
 
 
 
なんでこんなに、
ドキドキしてるんだろう、私。
 
 
 
この気持ちは
罪悪感?
背徳感?
それとも、、、
気持ちが変わったの?
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!