【BTS妄想】続・誰が運命の人? know #31

【BTS妄想】続・誰が運命の人? know #31
スポンサーリンク




【BTS妄想】続・誰が運命の人? know #31

 

 

 

 

うるさい着信音が部屋中に響きわたった。
 
 
 
 
ジミンの携帯から鳴っているが、
彼は起きる様子がない…。
 
 
 
 
しばらくすると、着信は止まったが、
また鳴り出す。
 
 
 
 
見かねて、ジミンを揺さぶり起こした。
 
 
 

 
〇〇:ねぇ、着信凄く鳴ってるけど大丈夫?
 
ジミン:う゛〜ん゛〜゛゛゛、〇〇〜
 
 
 
近くにいる私を寝ぼけながら、
抱き寄せようとする。
 
 
 
 
その腕の力に必死に対抗しながら、
言った。
 
 
 
 
〇〇:ちょっと!電話きてるよ! 
 
ジミン:…………
 
〇〇:ねぇ!
 
ジミン:ハッ!!!!!!
今何時!?
 
 
 
ジミンはパッと起き出し、
そう言いながら電話に出た。
 
 
 
大きい声で何処にいるんだ!?と
怒っている様子のナムさんの声が携帯から
漏れて聞こえた。
 
 
 
📱ジミン:あぁ……………すみません。。。
僕は後からタクシーで向かいます。
先に行ってて下さい。。。
 
📱ナム:寝坊か!?家行っても誰もいなかったんだけど、何処にいるんだ!?
今メンバーを一通り迎えに行ってからまた寄るから、それまでに準備しておくこと!!!
 
📱ジミン:大丈夫です。僕だけで向かいます。
 
📱ナム:…変なことしてないだろうね!?
 
📱ジミン:してません。大丈夫です。
 
📱ナム:じゃあ、何処いるか教えろ!
そして、とりあえず準備しろ!

📱ジミン:〇〇の家です…。はい、急いで準備します。
 
📱ナム:〇〇さん!?ん!?!?
わ、わ、わかった!
じゃあ、最後に迎えに行くから準備しておいて!

📱ジミン:わかりました。
 
 
 
 
ジミンは私を申し訳なさそうに見た。
 
 
 
ジミン:ごめんね…
 
 
 
その落胆する姿が、寝起きで髪の毛がボサボサ、パジャマもどういうわけか乱れぎみで、何だか醜いアヒルの子の実写版のような姿に見えてしまった。
 
 
 
なんか可哀想だな…って思うのと同時に、
そんな姿に見えてしまうことに笑ってしまった。
 
 
 
〇〇:(笑)
 
ジミン:え?何?

〇〇:なんでもない(笑)。ほら!早く準備しなくちゃ!てか、仕事だったなら教えてよ!
起こしたのに!
 
ジミン:ごめん、スケジュール把握してるかと思ってたから。
 
〇〇:知らないから!

ジミン:じゃあ、今度から送るね〜。
顔洗ってくる〜。
 
 
 
ジミンが身だしなみを整えている間に
持ってきた荷物を開けていいかの許可をもらい、着る服等を準備した。
 
 

そして、簡単にスムージーを作ってジミンに飲ませた。
 
 
 
バタバタと準備をしていると、
ジミンに着信が入った。
 
 
 
ジミン:ホビヒョンが届けるやつあるから
家にいれてって。いい?
 
〇〇:いいよ〜!もう迎えに来たんだね!
忘れ物ない!?大丈夫!?
 
ジミン:うん。多分。
 
〇〇:も〜、本当に!?
ぁあ!てか荷物全部持っていけば!?

ジミン:いや、多すぎてみんなの邪魔になっちゃうよ。
 
〇〇:そっか〜。
 
 
 

 
 
 
ホビ:おはよ〜!ジミンこっち来てたんだね!?ナムさん怒だぞー(笑)!
〇〇ちゃん!はい、これ!ヒナと一緒に飲んでね!

〇〇:なに?わぁ!栄養ゼリーじゃん!
 
ホビ:忙しいみたいだからさ〜。体に気をつけてファイテン!
 
〇〇:ありがとう〜!ヒナ呼んでくるね!
 
ホビ:いやいや、多分寝てると思うからいいよ!頑張ってって伝えておいて!
 
〇〇:そう?うん、分かった。
ありがとうね!
 
ホビ:ジミンも結構売上貢献したでしょ〜!
 
〇〇:うん、買ってくれたみたいで、本当にありがとうね。
 
ホビ:お?聞いてないの?
 
ジミン:ヒョン、言ってないです。
知らないみたいなんで、恥ずかしいから言わないで下さい(笑)
じゃあ、〇〇行ってくるね!
後で荷物とりに来るね!
 
〇〇:え〜、なに?気になる〜!
でも、急いでるよね!うん、頑張ってね!
 
ホビ:インス…
 
ジミン:ヒョン!
 
 
 
 
ジミンはホビの口を押さえるようにして、
2人は急ぎ足で出て行った。
 
 
 
 
〇〇:(インスタって言ったよね?)
 
 
 
 
 
気になって、ジミンのインスタをのぞいてみた。
 
 
 
さり気なく私達のブランドのアクセを使用してくれていた。
 
 
 
そして、お店の口コミやお客様が送ってくれた感想にじっくりと目を通した。
 
 
ジミンが着用していたから買ってみたという人も多く、そこから顧客になってくれている人もいた。
 
  
 
てっきりヒナが友達のアイドルに宣伝をお願いしてたりするって聞いていたから、そこから売上が増えたと思っていたが、ジミンも色々と手伝ってくれていたことに、今更気づいた。
 
 
 
 

作品を作ることに夢中で、自分としか向き合ってこなかった自分を反省した。
 
 
そして、お客様と向き合う時間を教えてくれたジミンに凄く感謝をした。
 
 
その瞬間にアイディアが沢山頭に浮かんだので、急いでスケッチブックに描いた。
 
 
なので、夢中になってメッセージには気づかずにいた。
 
 
 

📱📲💬
テテ『今日、家に行くから』
 
📱📲💬
ジン『今日、家に行っていいかな?』
 
📱📲💬
ジミン『また、後でね』
 
📱📲💬
グク『久しぶり』
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!