【BTS妄想】続・誰が運命の人? 誘 #32

スポンサーリンク




【BTS妄想】続・誰が運命の人? 誘 #32

 

 

 

休みだったことを返上する勢いで、
仕事をこなした。
 
 

アイディア帳は埋まり、
スケジュール管理もし、
ナムさんに仕上げた動画も送った。
 
 
 
すっきりと仕事を終えられた私は
やっぱり、たまには休み入れると仕事が
捗るなと思った。
 
 
 
〇〇:(こんな気持ちになるのもジミンのお陰かな。良い休みももらったしね。感謝だ〜。)
 
 
 
そんなことを思いながらソファーに寝転がり、
スマホで連絡を確認する。
 
 
 
そこで、メンバーから同じような連絡が来てることに少し笑いながら、グクからの連絡を発見した。
 
 
 
ドクンッッッ
 
 
 
胸が大きく高鳴るのを感じた。
 
 
 
どんな内容なのか開くのが怖い私は、
他の人に連絡を返信しようとした。
 
 
 
 
その瞬間、なにやらリビングが騒がしいのを
感じた。
 
 
 
あれ?
 
 
 
もしかして?
 
 
 
そう思いリビングに移動した。
 
 
 
 
すると、グク意外の全員が集まっていた。
 
 
 
ジミン:あ、お疲れ様〜。
ごめんね、みんな寄ってくって押し寄せちゃって…。仕事は終わった?
 
〇〇:ううん、連絡出来なくてごめんね。
うん、終わったよ(^^)
ジミン達も終わって寄ってくれたのかな?
お疲れ様。
 
テテ:お疲れ様。
色々と買ってきたから一緒に食べよう?
 
〇〇:わ〜!本当に凄い量だね(笑)
 
ヒナ:お疲れ様!本当に凄い量買ってきたよね(笑)
 
ジン:これも、一瞬でなくなっちゃうから、
大丈夫だよ!
はい、これ!好きなトッポギ屋さんで買ってきたよ!
 
〇〇:まぁ、そうだね(笑)。
ありがとう〜!
 
 
 
ガヤガヤとしながら、それぞれが食べたいものを食べ、パーティーっぽくなった。
 
 
〇〇:ジミン、色々とありがとうね。
なんか、今日は仕事が順調だった!
きっと、ジミンのお陰だよ(^^)
 
 
 

そう伝えると、ジミンは急に顔が少し赤くなり、目が泳いでたじろんでるように見えた。
 
 
〇〇:え!?大丈夫!?
 
ジミン:うん、大丈夫////
なんか、凄く嬉しい…じゃないな、
それ以上の感情なんだけど…、、、
上手い表現がわからないけど(笑)
ズキューンってきた(笑)
 
〇〇:なにそれ(笑)
 
ジミン:ね(笑)嬉しい、ありがとう。
 
〇〇:こちらこそ。
 
 
 
 
テテ:そういえば、ジミンと何かあったの?
 
〇〇:何かって???
 
テテ:色々と…ジミンを好きになっちゃったの?
 
ジミン:おい!〇〇が好きな人はグクなんだから、今そういう話しするなって〜。
 
テテ:そんな風に見えないけど?
 
〇〇:ははは(笑)そうかな。
グクと全然会ってないし連絡もしてないからかな…。
 
テテ:会いたい?
 
〇〇:え?
 
 
首をかしげながら、私の表情を確認するかのようにしっかりと目が合う。
その目に吸い込まれそうになり、
思わず自分の意思がなくなりかけた。
 
 
目を反らして答える。
 
 
 
〇〇:う〜ん、分からないかな。。。
 
テテ:ふ〜ん。
じゃあさ、僕と付き合ってみようよ?
すぐ忘れさせてあげるよ?
 
 
 
今は絶対にテテと目を合わせちゃいけない。
本能的に思った。
 
 
下を向きながら、また答えた。
 
 
 
〇〇:ははは〜(笑)困るな〜;
 
テテ:なんで?ねぇ、こっち見て?
 
ジミン:〇〇が困ってるよ?やめなよ…?
 
 
 
 
ジン:や〜!〇〇!トッポギ少なくなってきたよ!?ほら!早く食べないと!
 
 
 
ジンは私の肩を抱き、勢いに任せてテテから離してくれた。
 
 
〇〇:(…助かった〜)
ジン、ありがとう。
 
ジン:早く!食べないとなくなっちゃうよ!
はい、あ〜ん!
 
〇〇:『口を開けて食べようとする』
 
ジン:『ぱくっ』
う〜ん!美味しい!!!
 
〇〇:え!?ちょっとぉ〜(笑)!
 
ジン:なんだよ〜(笑)!ほら、早く食べないと!あ〜ん!
 
〇〇:『口を開けて食べようとする』
 
ジン:『ぱくっ』
う〜ん!美味しい!!!
 
〇〇:もうッッッ!自分で食べる!(笑)
 
ジン:😂😂😂
 
〇〇:(笑)。美味しい〜!
 
ジン:食欲あって、良かった!
 
〇〇:それ、ジミンにも言われたんだけど(笑)?
 
ジミン:呼んだ(笑)?
 
〇〇:ジンが同じ事言ってるの。フフフ
 
ジン:そういえば、今日ジミンは何で〇〇の家にいたの?
 
〇〇:昨日一緒に休日過ごしたんだよ。
一昨日たまたま会って、流れで遊ぶことになってさ。
 
ジン:僕も行きたかった〜。連絡してよ〜。
 
〇〇:そうだね!今度遊ぼうか!
 
 
 
そう自分で言った瞬間、
『ハッッ』とした。
 
 
あんなに距離を置いていた自分だったのに、
どうして、こんな事を言ったんだろう?
 
 
 
だけど、これが本来の私なのかな…。
やばい、、、
また分からなくなってきそう…。。。
 
 
 
いきなり下を向いたまま、動きが止まった私を心配して、ジミンが声をかけてくれた。
 
 
ジミン:大丈夫?
〇〇が遊びたいときに、いつでも連絡してね?
いつでも待ってる。
でも僕の次の休みは3週間後だよ。
 
〇〇:うん、大丈夫。
なんか自分がちょっと、どうしたいのか
分からなくて…。ハハハ
 
ジミン:昨日楽しかったでしょ?
次もちゃんと楽しいよ(^^)
安心して。
 
〇〇:うん…。
 
ジン:何が安心なんだ?
〇〇、グクに悪いと思っているなら、
それは間違いだよ!
あいつだって、遊んでるんだから、
僕達とも遊んだっていいでしょ!?
何が悪いんだ?
 
〇〇:う〜ん、でもグクが嫌がる事はなるべくしたくないじゃん。
 
ジン:ジミンと楽しく遊んで何言ってるの!?
とりあえず、3週間後遊ぶからね!
 
〇〇:え!?
 
ジミン:え!?
 
ジン:やー!なんだ!?これは決まりだからね!
 
ジミン:ヒョンがこんな強引なの初めてみました(笑)
 
〇〇:…(笑);
 
 
 
 
笑っていると突然、いきなり手をひっぱられた。
 
 
テテ:ねぇ!こっちで話そう?
 
〇〇:!? 
 
 
勢いよく、私の部屋に連れ込まれた。
 
 
 
ガチャ。
 
 
 
テテは鍵を閉めた。
 
 
 
ジミン:ちょっと!開けて?
 
ジン:いきなり、何してるんだ!?
 
 
 
テテ:2人きりにして下さい。じゃあ。
 
 
テテはあっちに行っててと2人に伝えるようにドアを2回ノックした後に口を鳴らした。
 
 
 
つづく

・誰が運命の人? ・短編集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!